トラックを廃車にするより、中古トラック買取

トラックを新しく購入するため、
今乗っているトラックが不要になるという場合あなたはどうしていますか?

 

不要な中古トラックはどうするか

 

もう長い間乗っていて古く、走行距離も長い、車検も切れてしまい、
こんな状態では中古トラック買い取りなんて無理だ。

 

そんなふうに自己判断し、
トラックを廃車にしてしまっている人も少なくないでしょう。
しかし廃車にすると、お金と手間がかかってしまいます。

 

数万円の廃車代がかかるだけではなく、レッカー代もかかってしまい、
また廃車にする際には手続きも行わなければいけません。

 

必要書類を揃え、
管轄の陸運局へ行き廃車手続きをしなければいけないのです。
もし廃車手続きをせずにいると、
年度替わりに自動車税の納税義務が発生します。

 

廃車同然に見えるトラックでも、日本車は性能がよく丈夫なため
海外での需要や車の部品としての需要があるため
中古トラックとして買取してもらえるケースがほとんどです。

 

買い取り業者を目にした事がある人もいるでしょう。
見積もりならネットから無料で申込みする事が出来ますし、
その際にお金も手間も一切かかりません。
こちらの話題の中古トラック専門業者では海外へのルートも持つことから比較的高値で買取をしてくれると評判です。

 

廃車にしてお金を払うよりも、
買取して買い取り金額をもらう方が絶対にお得だと思いませんか?

 

トラック買い替え時には、
中古トラックの買い取りをしてもらう事をお勧めします。
そして中古トラックの買い取りと言っても、
どこの業者でもいいというわけではありません。

 

買い取り業者によって、金額には大きく差がつくため、
出来るだけ高く買取してもらえる業者を選ぶようにしましょう。

中古トラック買取の流れについて

中古トラックの廃車は手続きにお金が掛かり
面倒くさいという事は前回お伝えしました。

 

今回は簡単に、中古トラック買い取りの流れを紹介したいと思います。

 

まず一般車であれば、
中古自動車の買い取りをしている店舗へ直接車を持っていき
査定をしてもらう事が可能です。

 

店舗の数も多いので
調べたら案外家の近くだった!なんて事もあるかと思います。

 

しかしトラックの場合は、普通自動車の買い取り業者に比べ少ないと思います。
なので、全国対応している中古トラック専門の買い取り業者のサイトから
無料査定を申し込むといいでしょう。

 

ネット以外にも、電話受付やFAXによる受付もあるので、
中古トラックの売買に関する疑問などをその場で解決したい人は
電話受付が良いかもしれません。

 

無料査定の申込みをすると、オペレーターから連絡がくるので、
その時に車輌情報の詳細を確認します。
質問に答えられるように、手元に車検証を用意しておきましょう。

 

詳細を確認後、最短で10分程度で担当者から査定額が伝えられます。
その査定額で問題がなければ、そのまま買い取り手続きが行われます。

 

手続きが完了すれば、買い取り業者が車輌を取りに来てくれます。
そして車輌と引き換えに買い取り金額を渡すという流れです。
車輌引き取り時に、名義変更など必要書類の受け渡しも行われます。

 

実際に中古トラックの買い取りで、依頼者側が行う事は申込みをする事、
車輌の情報など質問事項に答える事、そして必要書類を用意し、
トラックを引き渡しする事だけです。

 

面倒な手続き等は全て、業者が行ってくれるため、
中古トラックの買い取りまでの流れがこんなにも簡単なのです。
 

更新履歴