どんな中古トラックが高価買取になるのか?

中古トラックと一言でいっても、
そのトラックの状態は所有者によって大きく異なります。

 

ではどのような中古トラックだと高価買い取りが期待出来るのでしょうか?

 

まず購入してあまり年数が経過していないトラック、
走行距離が少なく、外観に目立った傷がないトラックは
高価買い取りの対象になります。

 

また新車購入時から、所有者が変わらない
ワンオーナーのトラックである事も重要なポイントです。

 

例え年数が経過していても、大切にメンテナンスしてあり、
取扱説明書や定期点検の記録簿、
付属品などがしっかりと残っているトラックは
高価買い取りしてもらえる可能性があります。

 

逆に事故歴や修復歴があるトラックは価値が下がってしまいます。

 

また査定時に印象をよくする事も大切です。
しっかり洗車し、ワックスがけをし、車内も忘れず清掃しておきましょう。
車内のタバコの臭いなどもマイナスの印象を与えてしまうので、
消臭剤を置いて臭いを落としておきましょう。

 

業者は買取ったトラックを中古トラックとして販売するため、
車種が人気のトラックは高価買取してくれます。
例えば今だと「三菱ふそう」の「キャンター」や
「いすゞ(いすず)」の「エルフ」などが人気の車種です。
 

 

買取してもらう時期によっても、買い取り金額は大きく変動します。
中古車市場は3月期末に向けて仕入が活発になる時期です。
そのため12月〜1月に買取してもらうと、
それ以外の時期よりも高価買い取りしてもらえる可能性が高くなります。

 

そして、どの業者に買い取りしてもらうのかで、価格が全然違ってきます。
ネットからの無料見積もりで、だいたいの買い取り金額が分かるので、
複数の業者に見積もりしてもらいましょう。