中古トラックの価格交渉をしよう

中古トラックを高く買い取りしてもらいたいのであれば、
買い取り業者がつけた査定金額をそのまま受け入れてはダメです。
上手に価格交渉をしてみましょう。

 

まず価格交渉をする前に、
自分が買い取りってもらおうと思っている
中古トラックの買い取り価格の相場を知るべきです。

 

1つの買い取り業者だけではなく、
複数の買い取り業者に査定をしてもらい、相場を把握しましょう。

 

もちろん全ての買い取り業者が、価格交渉に応じてくれるわけではありません。
価格交渉に応じてくれるかどうかは、
会社の経営方針にも関係していてスタッフの一存では決められないはずです。
そのため最初に価格交渉は可能なのか聞いてみましょう。

 

では次に価格交渉のやり方です。
まずトラックの良さをアピールしましょう。
査定前に洗車や車内の掃除をしっかりして大切に扱ってきた事をアピールします。

 

そして定期的に整備点検を行っているトラックは、
メンテナンスが行き届いていると判断されます。
そのため整備点検手帳などの記録も査定時に、必要書類と一緒に提出しましょう。

 

いくらで買い取りして欲しいと思っているのか希望価格を伝えてみましょう。
もちろん、相場とかけ離れた金額を言えば、
逆に買い取りや中古トラック市場の流通に対して何も分かっていないと判断されてしまいます。

 

そのため相場より少し高い金額で、希望額をつけましょう。
複数査定を行った中で○○の業者の査定金額は、
もっと高かったと伝えるのも有効手段です。

 

買い取り金額は高くても、サービス内容や信用度が落ちるため、
大手買い取り業者の方が安心という人も多いはずです。
そういう人は頑張って価格交渉で査定金額を上げてみてはどうでしょうか?
そんな上手くいくの?と思う人もいるかもしれません。

 

しかし自分が大切に扱ってきたトラックだから、
少しでも高価買い取りして欲しいと熱意を見せる事で
相場よりも数十万円も買い取り価格が高くなるケースもあるので、
頑張ってみて下さい。