中古トラック買取に必要な書類

中古トラックを買取してもらう際には、
車輌を引き渡して現金を受け取り、
それで完了というわけにはいきません。
車輌の引き渡しの時に一緒に必要書類を渡す事になります。

 

では中古トラック買取してもらうためには、
どのような書類を揃えておく必要があるのでしょうか?

 

まず車の所有者が変わる事になるため、
名義変更をするための「委任状」と「譲渡証明書」が必要になります。
この2枚に関しては、買い取り業者のサイトにフォーマットが用意されているため
ダウンロードし、記入し自分で作成するものです。

 

次にトラックには保険の加入が義務付けられています。
最新の「自動車損害賠償責任保険証明書」を用意しておきましょう。
保険加入時に渡されている書類です。

 

「印鑑登録証明書」は個人なら市役所、法人なら法務局で
3ヶ月以内に発行してもらったものを用意しておきましょう。
「自動車検査証」は車検証と言った方が分かりやすいかもしれません。
車検をした際に書類を受け取っているはずです。

 

毎年5月に支払っている自動車税の「自動車納税証明書」も
最新のものを用意しておきましょう。
もし書類を紛失してしまった場合は、税事務所で再発行が可能です。

 

以上が中古トラック買い取りの際に必要な書類となります。

 

ただし、車のローンの支払いが終わっていない場合、
車の所有者が亡くなってしまった場合、クレーン車とタンクローリー車の場合は、
さらに別途の書類が必要となります。

 

該当する人は、買い取り業者に、
どのような書類が必要になるのか事前に確認しておきましょう。